Shuri Tomita - Pianist Official Site - こんなどいつ 3 ピアニスト・富田 珠里のブログ http://shuritomita.net/blog/ shuri 2015-12-31T22:44:41+09:00 BlognPlus Feed Generator 新しいブログのお知らせ http://shuritomita.net/blog/index.php?e=288 2015-12-31T22:44:41+09:00 shuri http://shuritomita.net/blog/index.php?p=1 『新しいブログのお知らせ』みなさま、ご無沙汰しております。長くここを更新することができず、申し訳ありません。システムの不具合が続いており、時間も足りずに中々書くことが...
『新しいブログのお知らせ』

みなさま、ご無沙汰しております。
長くここを更新することができず、申し訳ありません。
システムの不具合が続いており、時間も足りずに中々書くことができませんでした。

この度、新しいブログとして『こんなどいつ 3.2』を、管理人様に開設していただきましたので、
今度からはこちらをご覧いただけましたら幸いです。

2016年申年年女記念の『こんなどいつ』となりますでしょうか。。
皆様、良いお年をお迎え下さいませ。



2015年 大晦日

富田 珠里
コンサートのお知らせ 東京 http://shuritomita.net/blog/index.php?e=287 2014-07-22T09:09:22+09:00 shuri http://shuritomita.net/blog/index.php?p=2 昨年に続き、ヴァイオリニスト松田悠さんプロデュースのコンサートに出演いたします。今回は、北欧と東欧の作曲家にスポットをあてて、デュオとトリオで演奏いたします。非常に興...
ちらし表昨年に続き、ヴァイオリニスト松田悠さんプロデュースのコンサートに出演いたします。今回は、北欧と東欧の作曲家にスポットをあてて、デュオとトリオで演奏いたします。非常に興味深いプログラムとなっていますので、ぜひお越し下さい!
残席僅かとなっております。ご予約どうぞお早めに!



松田 悠コンサートシリーズ Vol.2
「息吹...北欧・東欧の世界へ」

◎日時:2014年7月26日(土)14:00開演 (13:30開場)
◎場所:けやきホール 古賀政男音楽博物館内

〒151-0064
東京都渋谷区上原三丁目6-12
代々木上原駅下車 徒歩3分
ちらし裏◎出演: 
富田 珠里(ピアノ)
松田 悠(ヴァイオリン)
野田 悠子(チェロ)

◎プログラム:
グリエール:ヴァイオリンとチェロのための8つの小品より 作品39
ストラヴィンスキー:イタリア組曲
グリーグ:ヴァイオリンソナタ第3番 作品45
スメタナ:ピアノトリオ 作品15

◎チケット料金:
大人:3500円 学生:2500円 (大学生以下)
ペアチケット:6000円 
*当日は500円増し
*ペアチケットは当日券のお取り扱いはありません。

◎チケット申し込み、お問い合わせ先:
松田悠コンサートシリーズ企画実行委員会
080ー9643−8210
オンライン予約:http://shuritomita.net/postmail/postmail.html
恋するうどん県CM 瀬戸内海編 http://shuritomita.net/blog/index.php?e=286 2014-07-09T01:00:08+09:00 shuri http://shuritomita.net/blog/index.php?p=2 トップページにてお知らせをしていますので、ご覧になった方は多いかと思いますが、6月9日から私の古里、香川県が新たなPRとして、『恋するうどん県』を打ち出しました!そちら...
トップページにてお知らせをしていますので、ご覧になった方は多いかと思いますが、
6月9日から私の古里、香川県が新たなPRとして、『恋するうどん県』を打ち出しました!
そちらの瀬戸内海編のCMにて、私のドビュッシー「月の光」がBGMとして使われております。

6月9日に赤坂にて行われた記者発表会にも出席させていただき、香川県知事、高松市長、そしてCM御出演の高松市出身の女優、木内晶子さんなど、東京なのに香川にいるような錯覚を感じながらの初めての記者会見。
そして初めて映像と自分の演奏が重なっているCMを観て、何とも不思議な気持ちといいますか、
瀬戸内海の映像とドビュッシーって、思いのほかぴったり重なるんだなぁと、ドキドキの初対面でした。


そのCMがこちら。


瀬戸内の自然、空気感、香り、全てが伝わる、素晴らしいCMですね。
この映像を観ていると、香川に帰りたくなるなぁ・・。
BGM演奏のスーパーは、Shuri とだけしか書かれていないので、
私ということはわからないかもしれないのですが、正真正銘のわたし、富田珠里です。


こちらのBGMのドビュッシーの月の光ですが、
この録音は、4月28日にドイツ・クレフェルトのKAWAIヨーロッパで行いました。
KAWAIの方々には、いつもいつもお世話になっており、本当に感謝し尽くせないほどです・・。
この日は、ここKAWAIにいらっしゃる技術士さん、こちらもうどん県出身の山崎さん(山ちゃん)と一緒に写真を。うどん県のCMなんだからと、同郷同士でうどんの話しで盛り上がりました。
香川県出身の方々が世界にたくさん羽ばたいていらっしゃって、とても嬉しいですね。

やまちゃん
そして、このドビュッシーの音源全編はこちらで聴くことができます。


ベルリン2日目 http://shuritomita.net/blog/index.php?e=285 2014-05-26T22:45:08+09:00 shuri http://shuritomita.net/blog/index.php?p=2 ドイツ西側にあるデュッセルドルフに住んでいると、東に行くより、ベルギーやパリなどに行ってしまうことが多いのですが、今回は久々東に行けて本当に良かったです。こちらは、Museum...
Museumsinsel ドイツ西側にあるデュッセルドルフに住んでいると、東に行くより、ベルギーやパリなどに行ってしまうことが多いのですが、今回は久々東に行けて本当に良かったです。

こちらは、Museumsinsel(ムゼウムズインゼル)と言って、世界遺産の『博物館島』。快晴の日曜日でした。
5つの美術館が集まっている島ですが、この日はとても気持ちが良く、皆さんひなたぼっこでのんびり。
フランスの方が開いているという美味しいパティスリーで(こちらはNordbahnhof 近く)でクロワッサンとキッシュ、エクレアを調達し、ここでしばしお昼ご飯。


Alte Nationalgalerie Alte Nationalgalerie(旧国立美術館)が、友達のオススメでしたが、一日中ここにいても過ごせる程、素敵な空間でした。(写真)


その夜は、今回の旅の大本命の、ピアニストヴィルサラーゼのリサイタル。前日と同じホールの、小さいホールで公演でした。
昔から足しげくコンサートへ通っていて、大ファンのヴィルサラーゼですが、いつの頃からか西の方に来てくれることが少なくなり、今回は8年ぶりに演奏を聴きました。
もう71歳になった彼女は、益々妖艶な魅力で、彼女の大きな愛で会場のお客様を包んでくれるような、かつて彼女の演奏を聴いたあの時の気持ちを思い出しました。
感動でした。本当に素晴らしい。

これほどの彼女のコンサートが、こんな小さな会場で、昨日の量産的なコンサートが大ホールだなんて。。そして華々しく宣伝もされてて・・。
うーむ、何だか辛い現状ですね。

でも、彼女にもう一度会えてよかった。
ベルリン、素晴らしいです。
ベルリン http://shuritomita.net/blog/index.php?e=284 2014-05-26T19:08:57+09:00 shuri http://shuritomita.net/blog/index.php?p=2 ベルリンへ二日間行ってきました。iPhoneでブログがアップできると聞いたので、早速帰りの電車で試してます。久々友人に会いに、そして美術館巡りを、そしてなんと言っても、ピアニ...
ベルリンベルリンへ二日間行ってきました。
iPhoneでブログがアップできると聞いたので、早速帰りの電車で試してます。

久々友人に会いに、そして美術館巡りを、そしてなんと言っても、ピアニスト、エリソ・ヴィルサラーぜのコンサートがメイン。
ヴィルサラーゼは、8年ほど前までは西にも来ていましたが、最近はめっきり聞かなくなったので、私がベルリンへ行ってしまおうということに。

写真は、高校生の時から仲良くしてくれているお姉様ピアニストのお宅。とっても素敵だったのでパシャリ。


一日目土曜日には、Gemäldegalerie (絵画館)へ向かい、その途中にあるベルリンフィルハーモニーを覗く。
今夜は残念ながら、ここでのコンサートではなく、Konzerthausorchster berin のコンサート。

Gemäldegalerie は、簡素な建物という印象ですが、14世紀〜18世紀頃の作品が揃う充実した美術館。
フェルメールの作品があるということで行ったのに、どこにもないっ!!
美術館自体も小部屋が多く、入り口出口が二つあったりなど、どうも観る順番が難しく周り辛い造りになっているようで、少し疲れました。
ただ、ブリューゲルやリューベンス等、興味深い作品が多かったですね。

ベルリンフィルハーモニー Konzerthaus berlin
その後、エッセン音大時代の友人と久しぶりに会い、昔話に花を咲かせました。
自分が覚えてない昔の自分のことを、人って覚えてるみたいで、、こわいなぁ。 笑

そのままKonzerthaus Berlin へ。
ソリストは、ピアニストIgor Levit. ラヴェルのピアノ協奏曲。
全てフランスもののプログラムでしたが、
ラヴェルを中心に、何と無く歯車が狂ったまま終わってしまった感触で、少し残念・・。

そろそろデュッセルドルフに着きます。(アップできるかしら)
ベルリンは快晴で日焼けしたくらいだったのに、こちらは雨。少しひんやり肌寒い。

二日目日曜日に続きまーす。