Shuri Tomita - Pianist
2014年05月26日(Mon) 22:45| travel | comments (0) | author : shuri
Museumsinsel
ドイツ西側にあるデュッセルドルフに住んでいると、東に行くより、ベルギーやパリなどに行ってしまうことが多いのですが、今回は久々東に行けて本当に良かったです。

こちらは、Museumsinsel(ムゼウムズインゼル)と言って、世界遺産の『博物館島』。快晴の日曜日でした。
5つの美術館が集まっている島ですが、この日はとても気持ちが良く、皆さんひなたぼっこでのんびり。
フランスの方が開いているという美味しいパティスリーで(こちらはNordbahnhof 近く)でクロワッサンとキッシュ、エクレアを調達し、ここでしばしお昼ご飯。


Alte Nationalgalerie
Alte Nationalgalerie(旧国立美術館)が、友達のオススメでしたが、一日中ここにいても過ごせる程、素敵な空間でした。(写真)


その夜は、今回の旅の大本命の、ピアニストヴィルサラーゼのリサイタル。前日と同じホールの、小さいホールで公演でした。
昔から足しげくコンサートへ通っていて、大ファンのヴィルサラーゼですが、いつの頃からか西の方に来てくれることが少なくなり、今回は8年ぶりに演奏を聴きました。
もう71歳になった彼女は、益々妖艶な魅力で、彼女の大きな愛で会場のお客様を包んでくれるような、かつて彼女の演奏を聴いたあの時の気持ちを思い出しました。
感動でした。本当に素晴らしい。

これほどの彼女のコンサートが、こんな小さな会場で、昨日の量産的なコンサートが大ホールだなんて。。そして華々しく宣伝もされてて・・。
うーむ、何だか辛い現状ですね。

でも、彼女にもう一度会えてよかった。
ベルリン、素晴らしいです。



コメント
■この記事に対するコメントの受付は終了しています。
コメント
ひさびさ
シュリ
まり
月の光 コンサート終了
月の光
100歳のひいおばあちゃん 
日本の古典楽器 箏と一緒に文化交流
高松ピアノプラス2013 その後
無料特別公開リハーサル 3月24日(日)
シュリ
まり
twitter
月別記事リスト
ブログ内検索